母性保護論争-晶子とらいてう

らいてう 平塚

その後、らいてうは信州の山で半年ほど静かに過ごす。 『現代の男女へ』監修、大空社〈叢書女性論 13〉、1996年1月。 職業継続それ自体のメリットは考慮のほかだったようです。

19

平塚らいてうとはどんな人?生涯・年表まとめ【名言や功績、作品や出版した青鞜などの雑誌について紹介】

らいてう 平塚

慣れない編集・校正作業に奮闘するあいまに、発刊の辞の執筆を引きうけることになったらいてうが、一晩で書き上げたという。 1919年、日本初の婦人運動団体として 「新婦人協会」を設立。 平塚は、特に、からにかけ、等、女性の権利獲得に奔走した活動家の一人として知られる。

20

平塚らいてうとはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

らいてう 平塚

で「灰色の海」入選。

11

平塚らいてうの有名な名言の意味とは?当時の時代背景を簡単に説明

らいてう 平塚

女性のなすことは今はただ嘲りの笑を招くばかりである。 当時のらいてうはアナキスト 無政府主義 の高群逸枝や、クロポトキンの「相互扶助論」に共鳴し、相互に恩恵のある協力関係を作りたいと考えていました。

17

平塚らいてう賞

らいてう 平塚

与謝野晶子の論文のいくつかは原本(「青空文庫」所収)にリンク。 其のうちに読む事の出来たエレン・ケイの説は私の苦悶をあとかたも無く拭ひとって呉れた。 しかし、らいてうはそれをさほど意に介せず、「ビールを一番沢山呑むだのは矢張らいてうだった」と編集後記に書いて社会を挑発するだけの余裕があった。

16

平塚らいてう (ひらつからいちょう)とは【ピクシブ百科事典】

らいてう 平塚

明は『 元始女性は太陽であつた - 青鞜発刊に際して』という創刊の辞を書くことになり、その原稿を書き上げた際に、初めて「 らいてう」という筆名を用いた。 生田の勧めで処女小説「愛の末日」を書き上げ、それを読んだ森田が才能を高く評価する手紙を明に送ったことがきっかけで、二人は恋仲になった。

17

平塚らいてう賞

らいてう 平塚

二科展に入選しても個展以外ではあまり作品を発表せず、どの団体に所属するのも好みませんでした。 当時のらいてうが、博史の看病と育児に追われていたが故に生まれた考えでした。 これから心中するかもしれないという状況の中で、非常に冷静に行動している。