小川彩佳アナ『news23』視聴率3%台…そもそも『zero』と比べ“わかりにくい”

アナウンサー 小川 23 ニュース

結局、産まれたばかりの我が子より自分のキャリアなんだよな。 それと時を同じくしてからAmebaでオフィシャルブログを開設。 小川彩佳アナは『NEWS23』のメインキャスターに就任してから1年で第1子を妊娠し、これに対して祝福の声だけでなく批判の声も上がっていたとし、小川アナの知人は、 「SNS上ではネットユーザーからキャスターの資質を疑問視する声があふれ、特にママのネットユーザーから『育児はそんなに甘くない!』などと激しくバッシングされました。

17

小川彩佳 夫の不倫報道で謝罪「すべてが突然」「大変残念」(デイリースポーツ)

アナウンサー 小川 23 ニュース

2019年6月3日より、の『』のメインキャスターを担当。 「 ひとりが、ひとりに語りかけるように。 番組開始からまでは『 』(ちくしてつやニュースツースリー(もしくはトゥースリー))として放送しており、初代を務めたのであった。

2

小川彩佳アナ『NEWS23』初出演「一緒につながっていられる1時間をもてたら」

アナウンサー 小川 23 ニュース

2014年2月3日 - 24日は出水が取材に伴いスタジオを不在(ソチから中継出演する)のため、が代役を担当した。

夫が不倫報道の小川彩佳アナ 「23」に変わらず出演

アナウンサー 小川 23 ニュース

膳場・三澤が担当し、不在の場合はナレーターや出水・岡山が担当。 2013年9月30日以降はエンディングで投稿されたツイートをテロップで紹介していた。 スポーツ・スペシャルキャスター• 星が報道番組初キャスターということや進行を行うことに不慣れな部分が生じ 、星の不慣れな進行を補うため、2016年7月25日より星の新たなサポート役となるメインキャスターとして、『』や『』などで司会・進行を務めていた(元TBSアナウンサー)が加入し 、以降は星と雨宮・駒田を中心に進行し、雨宮は星の不慣れな進行を補いつつ、星に代わって主に番組全体の進行を務める。

3

フジ伊藤利尋アナ 夫の不倫で小川彩佳アナが謝罪した理由を推測「自分の言葉で語るべきと判断したのでは」(スポニチアネックス)

アナウンサー 小川 23 ニュース

23特集 政治・経済・社会問題を掘り下げる。 スポーツコーナーには同局のスポーツの顔ともいえる石井大裕アナウンサーが参加し、さらに山本恵里伽アナウンサーがサブキャスターとしてスタジオ展開を支える。 何度かのリニューアル、出演者の入れ替えが行われたが、筑紫が5月より入院治療に入ってからは、不定期の出演となり、同年12月にメインキャスターを譲る。

6

山本モナ、膳場貴子、小林悠…小川彩佳も祓えなかった『NEWS23の呪い』 (2021年2月11日)

アナウンサー 小川 23 ニュース

2008年10月改編で22:54(実質22:56)からのを廃止し、10年半ぶりに23:00開始・23:54終了に戻し、月曜日の第2部をの放送をもって廃止した。 (スポーツ、木曜・金曜、2009年4月 - 2010年3月は全曜日一貫してスポーツニュースのみ担当)• (環境ジャーナリスト)• 「そんな初日にこうして番組をご覧くださっているみなさん、本当にありがとうございます」と感謝した。 月ONE 2004年10月から放送している月曜日第2部『マンデープラス』を2008年4月の番組リニューアル時に「 月ONE」(読み:ゲツワン)に改題。

小川彩佳アナがNEWS23にスピード復帰で物議。出産後3ヶ月弱で仕事再開、理由は批判への反骨心と苦しい立場にあり?

アナウンサー 小川 23 ニュース

一緒にこうしてつながっていられる、そんな1時間を毎晩もてたらと思っております」と笑顔で話し、「今夜からどうぞよろしくお願いいたします」と呼びかけた。 視聴率は『NEWS ZERO』には相変わらず抜かれていたが、日によっては『』()を追い抜かすこともあった。 2013年6月8日時点のよりアーカイブ。

18

小川彩佳アナ『news23』視聴率3%台…そもそも『zero』と比べ“わかりにくい”

アナウンサー 小川 23 ニュース

「緊急事態宣言下の自粛について夫婦で話し合っていたにも関わらず、夫のこのような行動が明らかになり、大変残念に思っております。 小川彩佳 2008年6月20日. その他の事例 [ ] ・と期間中も、共通の協賛スポンサー3-4社程度が提供する大会ハイライト番組をコーナーとして内包するため、10分拡大して放送するが、期間はこの番組への内包・拡大はせず、同番組終了後に別枠で10分のハイライト番組を放送した。

NEWS23

アナウンサー 小川 23 ニュース

2021年1月からは出演曜日を固定せず、当日のメイントピックなどに合わせて随時登場している。