提督「心が読めるインカム?」

Ss 提督

41 ID:a3yap8DH0 提督「 3位がおうし座で、2位がおとめ座、1位は・・・? 」 提督「 思い出せんな・・・ 」 提督「 あんなものを読むからこうなるんだな 」 提督「 はぁ・・・ 」 提督「・・・・・・」 提督「 ・・・加賀は何座なんだろうか? 」 提督「 少し気になるな 」 提督「なぁ、加賀」 加賀「?」 提督「加賀は星座何だったかな?」 加賀「何故唐突にそんなことを?」 提督「い、いやな? ふと気になってな?」 加賀「はぁ・・・執務中ですよ?」 加賀「仕事に集中して」 提督「す、すまん・・・」 加賀「まぁ、良いですけれど・・・」 加賀「私は・・・・・・」 「 さ そ り 座 で す 」 終わり. 逆らえば極刑は免れないでしょうね」 少将「だろうな。 54 ID:Kn6fyIOy0 加賀「ところで提督。

11

提督(他にも‥‥いろいろありそうだな‥)

Ss 提督

」 少将「大佐も知っての通り、深海棲艦は日に日に勢力を拡大している。 」 瑞鶴「なら、辞めてくれるかしら、提督を」 翔鶴「ちょっとやめなさい瑞鶴!…どうしたの?」 提督「…………どうしても辞めてほしいなら大本営に頼めばいい」 提督「俺の首をどうするかはあそこだしね」 瑞鶴「開き直ってるの?つまらない男」 加賀「…頭にきました」 鳳翔「何の騒ぎですか」 提督「!」 提督(この声は鳳翔さん…) 提督(…この人に嫌われたら……) 提督「…」 提督「…」チラッ 鳳翔 21 憎悪 提督(……………………………気分が、悪くなってきた。 25 ID:ZkColApA0 加賀「半年前まで記憶喪失だった? 本当ですか?」ジロッ 提督「ああ、本当だ。

【艦これ・SS短編】元提督「これで、いいんだ」

Ss 提督

81 ID:Kn6fyIOy0 ・ ・ ・ 提督「……ん」ムクリ 加賀「お目覚めね、提督」 提督「……加賀。 25 ID:y2XSxFtZ0 提督「それをお前は……まったく、大変なことをやらかしたもんだよな」 提督「今すぐ叩き切ってやりたいが……軍刀が汚れるなぁ?え?」 元提督「…………」 元提督「……教えてくれ、俺は……」 元提督「……俺は……朝潮を、本当に……殺して、しまったんだろうか……」 提督「ヘン、夢でだか現でだか知らないが……」 提督「お前、唯一忘れないでいてくれた朝潮に動物的な感情を爆発させる光景を見たんだろう?」 提督「行方不明になってるんじゃ、現での出来事じゃないのか」 提督「バラバラにでもして、捨てたんじゃないのか、え?」 元提督「…………わからない……何も……」 提督「……お前は信じがたいほどのクズ野郎だな……」 提督「じゃあ言ってやる。 35 ID:Kn6fyIOy0 加賀「今日はもうお休みになってください」 提督「で、でも仕事は」 加賀「書類の方は艦娘達に任せても問題ありません。

16

【吹雪】提督「ケッコン?死んでもやだ」【艦これSS】

Ss 提督

邪念が叶わなくてよかった」 提督「明らかに中年にも気づいていたし、お前にも気づいていた」 提督「けれど気味の悪い虫を見るような目をくれて、それっきりだ」 提督「お前はその喧嘩騒ぎで一気に降格されたんだよな」 元提督「……俺は……」 提督「黙れよ。 おしまい. ただの食事なら、中華料理店に行くさ」 少将「. 罰も甘んじて受けよう) 提督「なあ、大淀」 大淀「はい、何でしょうか?」 提督「この戦いが終わったら……いや、何でもない」 大淀「ふふっ、何ですか、それ」クスッ ~半日後~ ドカーン! お腹すきませんか」 提督「言われてみれば…お腹すいたな」キュウウ 加賀「早く食堂へ行きましょう。 だが、この件は私ではなく元帥閣下からのご命令でな」 大佐「. 今、何時だ?」 加賀「夜の6時です」 提督「…えらいぐっすり寝てたな」 加賀「ええ。

7

提督「ストーカーになると怖い星座?」

Ss 提督

それはまた、別のお話である。

1

提督「裏切られても、信じたかった」

Ss 提督

きっと多くの騒動が待っていることだろう) 提督(だが、それらは甘んじて享受しよう。 ) 提督(なんで私の目の前には小さな女の子がいるんだ!?) 女性と話すことに慣れていなかった提督は、 少女を目の前にして、頭の中を空っぽにしてしまったが、 なんとか不愛想な挨拶を返す。 3 アーカイブ• では、これで失礼します」 大佐「本当に、激辛だけは勘弁だ」 -----------------. 疲れているなら風呂に入ってきてもいいんだぞ?」 提督「今日は暑いだろう。

7

【加賀・艦これSS】提督「好嫌度CL?」

Ss 提督

前線の基地が潰れたとなれば、さらに書類が回ってくる」 大佐「要するに、面倒くさがりの中将から書類を押し付けられたわけですね」 少将「そうかもしれん。

5

【吹雪】提督「ケッコン?死んでもやだ」【艦これSS】

Ss 提督

優秀な指揮官を放っておくほど、余裕はない」 少将「この国を守るには、大佐の力が必要だ」 大佐「私の力が、ですか」 少将「あぁ。